【20代向け】日東駒専GAFAが教える、20代の時に実際に使って良かった転職サイトと転職エージェント

僕は短大卒業から4回の転職を経て、GAFAへ転職したのですが、今思い返すと20代の時から年収上げた転職を常に意識していました。

逆に言うと、20代のキャリアを戦略的に過ごすことで、誰でも逆転キャリアを叶えることができます。

なので今回は、実際に短大卒からGAFAへ4回転職するまで、実際に使って良かった転職サイトとエージェントを紹介します。

20代の方が転職エージェントを使うべき理由

そもそも20代が転職エージェントを使うべき理由は、中長期的なキャリア形成の視点を得られるからです。

この視点を持った転職をしないと、短期で転職を繰り返す恐れがあり、転職市場で評価されなくなってしまいます。

しかし一方で、20代は社会人経験年数が少なく、その中で転職しようとするので、キャリアにおける中長期的な視点が得にくい状況なのは間違いないです。

その点、転職エージェントはキャリア形成のプロなので、自分では見えなかったキャリア形成の視点を得ることができるので、

自分の可能性を広げるためにも20代の転職では転職エージェントを使った方が失敗しにくいです。

20代の転職エージェントの選び方

  • 中長期的なキャリア形成という視点に立ったアドバイスをしてくれるエージェントかどうか
  • 希望に合う業界や職種の知識が豊富かどうか

この条件を満たす転職エージェントを選ぶようにしましょう。

上記で解説した通り、20代の転職は中長期的なキャリア形成の視点も重要なので、ある意味、求職者の要望だけを鵜呑みにしてるエージェントは介在価値を発揮してないのと同義です。

また同時に自身のキャリアの可能性を広げるという意味で、幅広い業界・職種の求人を扱っているかどうか、それらの業界・職種に精通してるかどうかも大切な見極めポイントです。

以上の条件を踏まえて、私が実際に使って良かった20代向けの転職エージェントをご紹介します。

20代におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

(引用:リクルートエージェント

  • サービスの特徴

・業界最大手なので求人件数が圧倒的に豊富

・転職支援実績No.1

・アドバイザーの方も多種多様な業界出身者が多い

  • ターゲット年代・給料

20代で年収300万円以上の方

20代の転職希望者は、まず登録して間違いないサービスです。

取り扱っている求人も幅広く、アドバイザーの方も様々な業界出身者が多いので、自分では気づきにくい視点を得ることができます。

20代の転職支援実績も豊富なので、「どのエージェントにしようか迷う」という方はおすすめです。

DODAエージェント

(引用:DODA

  • サービスの特徴

・求人件数は約10万件と、業界最大手の求人保有数

・なかでもIT、通信、営業、企画系の求人に強い

・応募書類の添削や面接サポートも充実

  • ターゲット年代・給料

20代で年収300万円以上の方

こちらも20代で転職を考えている方はまず登録して間違いないサービスです。

求人取り扱い数、アドバイザーの質ともに非常に評価が高いサービスです。

非公開求人の保有数もかなり多く、「自分に合った職種が分からない」「選択肢を広げたい」という方に非常におすすめです。

UZUZ

(引用:UZUZ

  • サービスの特徴

・20代に特化した転職エージェントです。

・1人あたり平均20時間のサポートを費やす

・社員が元既卒・元第二新卒

・入社1年後の定着率が約95%

  • ターゲット年代・給料

20代で年収250万円以上の方

大手のエージェントよりも1人1人のサポートが手厚く、社員も元既卒・元第二新卒なので、共感性高い就活サポートが特徴のサービスです。

「より丁寧なサポートを受けたい」「転職したいけど何から始めればいいのか全くわからない」という方におすすめです。

まとめ

以上、20代におすすめの転職エージェントをご紹介させて頂きました。

20代は伸びしろが大きいので幅広く情報を収集する必要があります。

なので、求人件数が多い大手のエージェントかサポートが手厚い中小のエージェントを使い分けていくことをオススメします。

20代の転職は今までやってきたことに加えて、どれだけ幅広い選択肢を吟味するかで勝負が決まるので、ぜひ様々なエージェントに登録して話を聞きに行ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です